写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車は8日、量販車種「ノート e-POWER」をベースにNISMOの専用チューニングを行った「ノート e-POWER NISMO」を追加すると同時に、「ノート NISMO」「ノート NISMO S」を仕様向上し、12日に発売すると発表した。

「ノート e-POWER NISMO」は、NISMOのチューニングにより「e-POWER」のモータードライブ特性を最大限に生かし、より新しく先進的な運転感覚、胸のすくような加速性能、優れた静粛性など、一歩先を行く新しいNISMOが体感できるというモデルに。専用のボディ補強と厳選したスプリングによる専用サスペンションの採用などにより、「上質な走り」と「スポーティさ」を高次元でバランスさせ、1クラス上のしっかりとした乗り心地性能と操縦安定性を実現している。

電動駆動の特性を生かし、どこからでも瞬発力の高い加速フィールを提供する専用チューニングコンピューター(VCM)も搭載した。ノーマルモードとSモードでは「ノート e-POWER NISMO」独自のアクセルレスポンスや回生力を実現し、日常のシーンからワインディングまで爽快な走りを楽しむことができる。

「ノート NISMO」「ノート NISMO S」については、内外装に新たなデザインを採用したほか、「ノート NISMO」にインテリジェントエマージェンシーブレーキやLDW(車線逸脱警報)などの安全装備を追加し、仕様向上を行った。従来の車体色に加え、特別塗装色の「ガーネットレッド」を新しく採用し、全5色を展開する。

価格は「ノート e-POWER NISMO」245万8,080円、「ノート NISMO」209万4,120円、「ノートNISMO S」232万8,480円(価格はすべて税込)。

(木下健児)