スタイリッシュな魔法シーンも大きな見どころ (C) 2016 Warner Bros. Ent.All Rights
Reserved. Harry Potter and Fantastic
Beasts Publishing Rights (C) JKR.

写真拡大

 オスカー俳優エディ・レッドメインを主演に迎えた「ハリー・ポッター」の新シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(公開中)の本編映像を、映画.comが独占入手した。主人公の魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが、高い魔法能力を発揮するシーンを切り取っている。

 「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングが脚本を手がけ、現在までに全世界興行収入6億ドル超え、日本国内では31億円超えの大ヒットをたたき出している本作。1926年、渡米したニュート(レッドメイン)の“魔法のトランク”に収容されていた魔法動物が脱走したことから、魔法界と人間界の均衡を揺るがす大騒動がぼっ発する。

 目的地のニューヨークにたどり着いたニュートだが、ひょんなことからノー・マジ(魔法を使えない人間の米国内での呼称)のジェイコブ(ダン・フォグラー)に魔法のトランクを取り違えられ、ピンチに陥る。一方、アパートに帰宅したジェイコブは魔法動物に襲われて気絶してしまい、さらにアパートをぼろぼろに壊されるなど散々な目に。だが、そこを訪れたニュートは魔法で瞬く間に建物を復元。魔法動物学者の名に恥じぬ能力を見せつけると、部屋に隠れていた魔法動物マートラップをこともなげに捕らえ、涼しい顔でトランクに収容する。ニュートは魔法動物をこよなく愛するものの、人付き合いを苦手とする内気な人物。公開された映像中にも、その性格がにじみ出ている。

 「博士と彼女のセオリー」や「リリーのすべて」で圧倒的な演技力を披露しているレッドメインだが、魔法使い役をものにするにはある程度の期間を要したようだ。「つえをつかんでみると、『おお!』って感じだったよ。でも『なぜつえがこんなに奇妙に感じられるんだろう?』『これで何をすればいいんだろう?』と思った。実は、僕は完全にあがってしまっていて、慣れるまでにしばらく時間がかかったんだ」と振り返っている。