キム・ナムギル&キム・ミョンミン主演「パンドラ」公開初日に観客動員数15万人突破!“大ヒットを予告”

写真拡大

映画「パンドラ」が公開初日ボックスオフィス1位を占めた。

8日、映画振興委員会のデイリーボックスオフィス集計によると、7日に公開された「パンドラ」(監督:パク・ジョンウ) が、154,654人(8日午前9時現在) の観客を動員しデイリーボックスオフィス1位を記録した。

同日に公開した「ラ・ラ・ランド」が62,260人の観客を動員したのに比べると目ぼしい記録である。

「パンドラ」は、史上最大規模の地震に続き原子力事故まで発生した韓国を背景に、愛する人を守るため孤軍奮闘する平凡な人々のストーリーを描く。公開前から「新感染 ファイナルエクスプレス」「トンネル」に続く2016年災難ブロックバスターとして注目を浴びていた。