写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通は12月8日、同社のバッテリーレス・フレキシブルビーコンが2017年4月に開設される東洋大学 情報連携学部INIAD Toyoの赤羽台キャンパスに採用されると発表した。

バッテリーレス・フレキシブルビーコンは内蔵した太陽光パネルで発電するため、電池交換が不要。また、自由に曲げられるため曲面への設置が可能であり、防水構造により濡れても故障しない。新キャンパスでは数千カ所に設置する予定。

同ビーコンはucode位置IDを含んだ電波を定期的に発信し、学生の屋内ナビゲーション、ドローンやロボットの誘導、学生の出欠管理、キャンパス内の設備や備品在庫管理、警備やメンテナンスの管理などを行うほか、学生のIoT関連のプログラミング演習など、さまざまな用途に使われるという。

(神山翔)