左から1人目〜4人目は北陸学院高校の生徒=長栄女子高級中学提供

写真拡大 (全2枚)

(台南 8日 中央社)北陸学院高校(石川県金沢市)の生徒ら約250人が5日から修学旅行で台湾を訪れている。7日には長栄女子高級中学(台南市)を訪問。長栄の生徒らは、日本統治時代のセーラー服など歴代制服を着用して出迎えた。

長栄は清の時代の1887年に創設された伝統校。第4代校長の番匠鉄雄氏がのちに北陸学院で教鞭を執ったことが縁となり、1985年に両校は姉妹校となった。

北陸学院は女子生徒のセーラー服の制服が有名。長栄も日本統治時代はセーラー服だったことから、生徒らは日台双方の違いや共通点などの話に花を咲かせた。

(張栄祥/編集:齊藤啓介)