画像

写真拡大 (全2枚)

 博報堂とCCCマーケティング、東京サーベイ・リサーチは業務提携を行い、Tカードの実購買データに基づいた約1,200万人のリサーチパネルの会員を起点とした統合マーケティングサービス「パネルドライバー」を共同開発し、提供を開始した。

 博報堂とCCCマーケティング、および博報堂グループの市場調査会社である東京サーベイ・リサーチ(以下、TSR)は業務提携を行い、Tカードの実購買データに基づいた約1,200万人のリサーチパネルの会員を起点とした統合マーケティングサービス「パネルドライバー」を共同開発し、提供を開始した。

 同サービスでは、Tカード会員の実購買データに基づいたリサーチパネルに、TSRのリサーチ企画・分析力を組み合わせた新たなスキームを導入。

 これにより、実購買データによる行動分析と、購買者ネットリサーチによる意識分析の多角的な生活者洞察が可能となる。くわえて、課題に応じたマーケティング展開までを同一パネル上にてワンストップで行うことができる。

 なお、CCCマーケティングが有する個人情報は、CCCマーケティングにて管理され、「パネルドライバー」導入企業に提供されることはない。

MarkeZine編集部[著]