写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プロトラブズは12月5日から国内の工場でハードメタル (硬質金属) の切削加工サービスを開始した。まずはステンレス素材としてステンレス鋼(SUS304およびSUS316)でサービスを開始し、今後、順次拡充する計画。

これまで、ハードメタルの切削加工サービスは米国工場で製造していたが、2016年8月の行った国内拠点の拡張移転を機に国内対応の準備が進められていた。これまで米国から完成品を送る際にかかっていた輸送時間などが省かれるため、ステンレスのカスタムパーツを標準納期5営業日で提供することが可能となる。

同社は「今回の新サービス開始は、主に自動車、医療、航空宇宙、電化製品などの市場からの要望に応えるものです」とコメントしている。

(神山翔)