FNC、10周年を記念しチャリティーバザーを開催…ファンが参加できる寄付キャンペーンも実施

写真拡大

FNCエンターテインメントと非営利財団法人LOVE FNCがチャリティーバザーで年末を暖かく飾る。

FNCは創社10周年を迎え、17〜18日、HYUNDAI百貨店板橋(パンギョ) 店で「FNCチャリティーバザーwith HYUNDAI百貨店」を開催する。FNC所属のアーティストたちがモデルとして活躍しているKerasys(ケラシス) 、スプライトを含め、フィリップ・プレイン(PHILIPP PLEIN)、オーティースター、フルーティカなど、様々なブランドの製品はもちろん、HYUNDAI百貨店の入店ブランドを安価で購入することができる。

今回のバザーはFNCの10周年公益活動の「ヨルイル(10+1、一生懸命に仕事) プロジェクト」の一環だ。FNCはミャンマーの学校建築と教育支援、タンザニアボランティア活動、エクアドル緊急救援、青少年文化芸術教育支援、韓国児童情緒支援、韓国国内外の衣食支援、炊き出しボランティア、動物保護活動、救世軍との公益活動に続き、韓国国内外の児童教育支援のためのチャリティーバザーで、今年10の公益活動を行う。

ファンたちはFacebook、Instagram(写真共有SNS) などFNCの公式SNSで行われる「ヨルイルキャンペーン」で寄付に参加できる。SNSにアップロードされるコンテンツにハートやいいねを押すと、FNCが1件につき100ウォン(約10円) ずつ寄付する。これは楽しく健康的な寄付文化の定着に役立てるための“エンタードネーション”事業の一環だ。

FNCはFTISLANDとCNBLUEなどアーティストの名にちなんだ学校の建設はもちろん、俳優チョン・ジニョン、チョン・ヘインの学校建設プロジェクトへの参加及び所属アーティストとスタッフたちの様々な国内外におけるボランティア活動への参加をもとに、社会貢献活動を続けている。2015年KOSDAQ(韓国の株式店頭市場) が選定した「第7回韓国KOSDAQ大賞」授賞式で最優秀社会貢献企業賞を受賞している。