狂言誘拐で逮捕のフィアット(FIAT)元名誉会長の孫(出典:http://www.thedailybeast.com)

写真拡大

イタリアの大手自動車メーカー「フィアット(Fiat)」元名誉会長ジャンニ・アニェッリ氏の孫であるラポ・エルカン(Lapo Elkann=39)が先月27日、ニューヨークで狂言誘拐事件を起こして逮捕された。派手な暮らしぶり、アルコール、ドラッグ、そしてトランスジェンダーの売春婦といった言葉が並び、奇怪な写真が登場するラポに関する記事。人目を引くことが大好きな男であるようだ。

ラポはインターネットで知り合ったというトランスジェンダーの売春婦とともに2日間にわたりアルコール、マリファナ、コカインを大量に摂取しながら派手にパーティを楽しんだ。しかしお金が底を尽きると家族に「1万ドルの身代金を用意してほしい」と連絡し、自作自演の誘拐劇を画策。家族の通報により警察が現金受け取り場所に出向いて狂言であることが発覚し、ラポは虚偽申告および偽計業務妨害の罪で逮捕となった。

現在ラポが関わっているビジネスは2007年にトリノで立ち上げたファッションブランドの「イタリア・インディペンデント(ITALIA INDEPENDENT)」。そしてこの写真は米ニュースメディアの『The Daily Beast』から引用させていただいた。ファッショニスタのプレイボーイとして鳴らす一方、リボンが付いたフラットなバレエシューズをむき出しの素足に履くそのセンスこそ、ラポについて多くのことを語っているのかもしれない。

過去にもトリノで売春婦と遊ぶ中、ドラッグの過剰摂取により瀕死の状態で救急搬送されたことがあるラポ。その事件を機にフィアット社の経営陣営からは追われていたが、故ジャンニ・アニェッリ(Gianni Agnelli)元名誉会長の最年少の孫として莫大な資産を相続する一人であることに変わりはない。なおニューヨーク市裁判所への出廷は来年1月に予定されているという。

出典:http://www.thedailybeast.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)