Red Velvet アイリン、パク・ボゴムとのエピソードを告白「階段を下りるときは手を取ってくれる」

写真拡大

Red Velvetのアイリンが俳優パク・ボゴムとの熱愛説について言及した。

7日、韓国で放送されたMBCバラエティ番組「ラジオスター」ではアイリンとパク・ボゴムの熱愛説に関連された質問が相次いだ。

この日、MCのユン・ジョンシンが「アイリン、パク・ボゴムと熱愛説があったのを知らなかったのか」と聞くとアイリンは「熱愛説がなかったと思いますが」と答えた。アイリンとパク・ボゴムはKBS 2TV「ミュージックバンク」のMCとして共演したことがある。

MCのSUPER JUNIORのキュヒョンは、「熱愛説があった。アイリンとパク・ボゴムのファンフィック(ファンが書いた小説) もある」と改めて強調した。これにアイリンは初めて聞いたという表情を見せた。キム・グラは「気楽でいいね」と驚いた。

また、アイリンはパク・ボゴムの美談について「良く食べる」とし、「ご存知の通りマナーが良くて、階段を下りるときは手も取ってくれる」と淡々と明かした。

キム・グラは「パク・ボゴムのようなタイプは好きじゃないのか」と、理想のタイプを聞いた。アイリンは「温かい人」と答えた。キム・グラは「パク・ボゴムは温かいじゃないか」と怪訝そうにし、ユン・ジョンシンは「手が冷たいって」と付け加え、笑いを誘った。