写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アルバイトタイムスは12月8日、「Uターン転職経験者の本音調査」の結果を発表した。調査は11月29日〜30日、静岡県・愛知県在住の40代までのUターン経験者104人を対象にインターネットで行われた。

Uターンした理由を聞くと、「もともと時期がきたらUターンするつもりだったから」(38%)、「Uターンする前に住んでいた場所で、一生住み続けることに不安があったから」(34%)、「両親の面倒を見なくてはいけなくなったから」(19%)、「子育てを考えたとき、Uターンしたほうがいいと思ったから」(13%)となった。

Uターン転職して満足しているか聞くと、75%が満足していた。Uターン転職してよかった点は「通勤が楽になった」(52%)、「プライベートの時間が増えた」(39%)、「希望の仕事が見つかった」(26%)、「給与などの待遇が上がった」(13%)と続いた。

Uターン転職する際に大変だったことは、「希望条件にあう仕事が少ない」(60%)、「面接のために交通費がかかる」(24%)、「転職活動をする時間がとれない」(23%)、「住居や学校が見つからない」(6%)、「応募書類の書き方がわからない」(4%)、「家族に賛成してもらえない」(3%)だった。