写真提供:マイナビニュース

写真拡大

UEIソリューションズは、CRI・ミドルウェアと高画質VRムービー再生技術で提携し、VR動画コンテンツ制作ソリューション「VRider」と、CRI・ミドルウェアの高画質VRムービー再生ミドルウェア「CRI Sofdec 2 for VR」を組み合わせた高画質な実写VR動画コンテンツ制作をワンストップで実現するパッケージソリューション「VRider plus Powered by CRIWARE」の提供を開始することを発表した。

「VRider plus Powered by CRIWARE」は、高画質ながら軽量で遅延やフレーム落ちのない滑らかな動画再生を実現する「CRI Sofdec 2 for VR」と、最大8KのVR動画コンテンツの企画、撮影、編集、エンコード、再生までをワンストップで実現するソリューションパッケージ「VRider(ブイライダー)」を組み合わせて、複数の高精細VR動画をシームレスに同時再生できるソリューション。

複数のVR動画を同時再生してそれぞれを融合した演出が行えるため、実写やアニメのキャラクター、エフェクト動画と背景VR動画の融合やリアルタイムな切り替えが可能となっている。加えて、再生環境として「PlayStation VR」、「HTC Vive」、「Oculus Rift」、「Gear VR」、「スマートフォン」といったマルチプラットフォームに対応しており、それぞれに最適化した高精細なVRコンテンツの再生環境が構築可能となっている。

なお、同ソリューションは、それまでに撮影した動画VRコンテンツやユーザの反応、感想等のノウハウを元に、より効果的なVRコンテンツとしての最終品質を高めるための事前企画内容の立案やコンサルティングを行う「VR動画企画立案・コンサルティング」、企画を元に、最適なサイズ、フレームレートでの動画を撮影。色調整後、VRider Playerで再生できるファイルとしてエンコードする「VR動画撮影・エンコーディング」、上記動画を最高の品質で再生可能にする独自開発のVR動画再生ソフトウェア「VRider Player」という3つのサービスによって構成されている。

(早川厚志)