写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TOKAIコミュニケーションズは、楽天コミュニケーションズのクラウドサービス「FUSION Cloud」との接続サービス「VPN接続サービス for FUSION Cloud」を12月7日より開始した。

同社は、大手クラウドサービスとの相互接続を積極的に推進しており、専用線、広域イーサネット、VPNなどの回線で安定的かつ高品質にクラウドサービスと接続する各種通信サービスを提供している。

このような背景の中、同社では新たに、楽天コミュニケーションズの「FUSION Cloud」と顧客の拠点をインターネットVPNで接続する「VPN接続サービス for FUSION Cloud」の提供を開始した。

同サービスは、同社がレンタル提供するVPNルータ、同社ネットワーク、東日本電信電話および西日本電信電話(NTT東西)が提供するフレッツ回線(別途契約が必要)と、「FUSION Cloud」上の仮想ルータがインストールされた仮想マシン、これらを組み合わせて、同クラウドとのインターネットVPNによる接続を安価に実現する。

クラウド上の仮想ルータは、利用開始前に同社がVPN通信用の設定を行い、利用開始後の監視や設定変更も代行する。また、レンタル提供するVPNルータは、フレッツ回線に接続するだけで自動的に設定情報を取得する仕組みにより、クラウド上の仮想ルータとのVPN接続を容易に実現する。これらにより顧客は、導入時のVPN機器の設定、導入後の監視の仕組みを顧客自身で用意することなく、手軽でスムーズに「FUSION Cloud」とのVPN接続を開始することが可能となる。

同社は今後、今回のインターネットVPNによる接続サービスの提供に留まらず、同社のキャリア・企業向け通信サービス「BroadLine」と「FUSION Cloud」との閉域網による相互接続についても現在検討を進めており、より安定性や信頼性に優れた接続サービスの実現に向けて企画・推進していくとしている。

提供価格(税別)は、初期費用が6万円。月額利用料が1万4800円。なお、フレッツ回線料金、「FUSION Cloud」利用料が別途必要となる。

(山本明日美)