イギリスで今年誕生した男児の名、2位は「ムハンメド」(出典:https://www.thesun.co.uk)

写真拡大

インフラ整備は安い賃金でいわゆる3Kの労働に当たってくれる移民が頼り。こうして発展を遂げてきたヨーロッパの国々では、首都を中心にしばらく前からムスリム系の名を持つ人々の割合が非常に高まっている。そして彼らは白人カップルより多産である。そうなれば当然子供たちの名も…。

2016年にイギリスで誕生した赤ちゃんたち。その命名状況がこのほど明らかになった。注目すべきは男児の名におけるムスリム系の台頭である。ジェームズ、ジャックなどが人気であったのは少し前までの話。2016年の1位は「オリバー」だが、2位はムスリムの人々が好んで息子につける「ムハンメド(Muhammed)」であったそうだ。圏外にはスペルが微妙に違うモハメド、モハマド、モハンメド、ムハマド、ムハメドなども登場するのであろう。

以下がイギリスで今年誕生した赤ちゃんの男女別の命名トップ10(多い順)である。

■女の子
オリビア
リリー
ソフィア
エミリー
アメリア
アヴァ
イスラ
イザベラ
イザベル
ソフィー

■男の子の名前
オリバー
ムハンメド
ノア
ハリー
ジャック
チャーリー
ジェイコブ
ジョージ
イーサン
ヘンリー

ロンドンで今年5月、初のムスリム市長が誕生した。野党・労働党の下院議員サディク・カーン氏が与党・保守党のザック・ゴールドスミス下院議員を破ったのだ。その記憶も新しい中、この今年誕生した赤ちゃんはムハンメド君だらけという現象に頭を抱える白人は多い。だがカーン氏はバスの運転手を父に持ち、公立の学校からノースロンドン大学の法学部に進んで人権派弁護士となった苦労屋である。ムスリム系移民の中にも向学心のある努力家は多く、彼のその生き様、サクセスストーリーは多くのムスリム系移民に希望を与えている。

ちなみにヨーロッパ各国におけるムスリムの人口は多い順にフランス、ドイツ、イギリス、イタリア、スペインとなり、国全体におしなべると多くても10%だが、市町村による偏りは大きく住民はムスリムだらけという所も多い。「のっとられる」と苛立つより共存の道を探るべき時代になっていることは間違いないようだ。

出典:https://www.thesun.co.uk
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)