チョン・イル、本日(8日)入隊を発表

写真拡大

俳優チョン・イルが静かに入所した。

チョン・イルの関係者は8日、OSENに「チョン・イルが本日(8日) の午後、忠南(チュンナム) 論山(ノンサン) 訓練所に静かに入所した」とし「家族が同行したと聞いている」と明らかにした。

これに先立ってチョン・イルは、2006年の交通事故で手首、骨盤などに大きな怪我を負い、社会服務要員の判定を受けたと述べた。脳震盪と脳出血、部分記憶喪失の症状をみせ、3年前からは、頻繁に頭痛があり、精密検査の結果、脳動脈瘤という診断を受けた。

当時の所属事務所側は「脳動脈瘤は、再検査の要求時に軍免除事由にもなりえるものだが、それでもチョン・イルは、再検査の要求をせずに国防の義務を履行することに決めた」と伝えた。

チョン・イルは、4週間の基礎軍事訓練を受けた後、2年間服務する。