tv_20161208133950.jpg

写真拡大

「自民党の逆襲です」と、司会の夏目三久がきのう7日(2016年12月)の都議会での小池知事に対するやり取りを伝えた。怒涛の質問攻め。詳しい事前通告をせず、わずかでも答弁につまると「ちゃんと答えろ」「抜けてるぞ」とヤジが飛んだ。

小池知事が前回の都議会で情報公開を強調して「知事も議会も職員もなれあいや根回しでことを丸くおさめるのではなく」と発言したことに、都議会最大会派の自民党がカチンときたらしい。代表質問では事前に内容を通告して答えられるようにするが、自民党は項目だけを知らせてすませていた。小池知事が「ご質問内容を一切いただいておりません」とやり返すと、「調整しないと言ったじゃないか」とヤジる場面もあった。

黒ネズミは「ご想像にお任せします」

記者会見で小池知事が「黒い頭のネズミがいっぱいいる」と述べたことも気に入らず「だれのことか」と質問した。知事が答えずに壇から降りると、すかさずヤジ。壇上に戻った知事は「では一言で、ご想像にお任せします」と突き放した。

藤森祥平アナ「早口の質問を20も30もやられたら誰だって答えられません」

竹内薫(サイエンス作家)「大人げない泥仕合。実質的な議論をしてもらいたい」

夏目「子供のケンカのように見えます」