テニスの伊達公子(46)が懸命のリハビリに取り組んでいる。今年、左ひざを2回手術した。松葉づえをついていたが、11月(2016年)から走れるようになった。現役続行を彼女はあきらめない。

伊達は高校卒業後の1989年にプロになり、96年には当時女王のグラフに勝ち、日本女子では最高の世界ランキング4位までいった。37歳でウィンブルトン女王のシャラポアに勝ったこともある。一時引退したが、復帰後は現役を貫き、43歳のときに石井大裕アナに「怖くて誰も聞かないけれど、いつまでやるんですか」とたずねられて「自分でもわからない」と答えていた。ベテランアスリートの代表的存在だ。

45歳で左ひざ2回の手術、医師からランニング禁止令

その伊達が45歳の今年、プロ27年目で左ひざの半月板と関節軟骨の損傷で引退の危機に立った。「もう一回、元気にやりたい」と2月、さらに4月と手術を2回受けた。左ひざには今も2つの手術痕が刻まれる。筋肉もげっそり削げた。曲げ伸ばしや筋トレのリハビリに顔をしかめる。それでも、コートに脚立を持ち込んですわり、ボールを打った。

6月には杖なしで歩けるようになった。「怖いけど、うれしかった。戻り感があります」と話した。肌が白くなったことに驚き、「外を走りたい」と思い続けた。医師の許可は7月と思っていたのが9月までのび、9月なってもおりなかった。10月にやっと「もう止めるわけにいかなないな」の言葉をもらった。

11月に7カ月ぶりに5キロ快走、笑顔戻る

11月18日、手術から7カ月ぶりで走った。「ペースを抑えなければ」と思いながら2.5キロの予定が気づけば5キロを走っていた。「大きな一歩です。テニスに近づいた」と笑顔が戻った。

石井「どうですか」

八木沼純子(元フィギアスケート選手)「すばらしい、私はいつも伊達さんのブログを見て励まされています」