『大銀魂展』東京・秋葉原で開催 - 180点以上の原画と映像コンテンツで銀魂ワールドを披露

写真拡大

コミック「銀魂(ぎんたま)」の展覧会『大銀魂展』が、2016年12月23日(金・祝)から2017年1月9日(月・祝)まで、東京・秋葉原UDX アキバ・スクエアにて開催される。

「銀魂」は、2003年12月より「週刊少年ジャンプ」で連載が続く、空知英秋による少年漫画。2017年夏には、豪華俳優陣による実写版映画『銀魂』の公開も決定している人気作品だ。

展示内容

初となる展覧会では、180点以上の厳選された原画を「将ちゃんのもっさりブリーフ原画展示」や「近藤さんの 半ケツ原画展示」など、銀魂らしい珍妙なスタイルで展示する。また、トイレをモチーフにしたストーリーの映像コンテンツを、便器をかたどった座席で鑑賞できるブースや、登場キャラクターを来場者が踏めるようにした造作物、作者の仕事場を私物のペンやネームと共に再現した「空知先生ゾーン」などにより、笑いあり・涙ありの銀魂ワールドを楽しむことができる。

また、『DRAGON BALL』や『ONE PIECE』など錚々たる漫画家の作品を面白おかしくパロディ化することでも知られる空知英秋。展覧会の開催を機に、パロディの「被害に遭われた」漫画家から寄せられた色紙やコメントを、空知英秋の反省コメントとともに展示する企画も。

さらに、公式HPから読者が投票した上位エピソードを、1話まるごと日替わりで展示するコーナーを設置したり、12月23日(金)から31日までの前期と、1月1日(日)から1月9日(月・祝)までの後期で、一部の展示ブースの展示替えを行ったりするなど、何度も来場したくなるような仕掛けも施される。

音声ガイド&限定グッズ

音声ガイドは、アニメ声優陣による完全録り下ろしとなっており「万事屋篇 」と「真選組篇 」の2種類を用意。さらに会場では、150点以上の展覧会オリジナルグッズが販売される。なお、12月22日(木)まで発売される前売券には、グッズ引換券つきの限定チケットも。ファン必見の内容が盛りだくさんの企画だ。

【概要】
「連載完結寸前 大銀魂展 〜ツケが回る前にケツを拭け〜」
会期:2016年12月23日(金・祝)〜2017年1月9日(月・祝) ※会期中無休
時間:10:00〜20:00(入場は19:30まで)
場所:秋葉原UDX 2F アキバ・スクエア
住所:東京都千代田区外神田4-14-1
入場料:一般・大学生 1,500円(1,400円)、中学生・高校生 1,000円(900円)、小学生 500円(400円)
※カッコ内は前売料金。※料金は税込。※未就学児は無料。 ※団体割引、高齢者割引等の各種割引はない。
■日替わり展示コーナー展示内容
12月23日(金) 第五十八巻 第五百十九訓 仇
12月24日(土) 第六一巻 第五百四十九訓 信女
12月25日(日) 第十一巻 第九十二訓 傘の置き忘れに注意
12月26日(月) 第九巻 第七十五訓 似てる二人は喧嘩する
12月27日(火) 第三十一巻 第二百七十二訓 フラグを踏んだらサヨウナラ
12月28日(水) 第六十四巻 第五百七十三訓 十年
12月29日(木) 第二十七巻 第二百三十七訓 寝る子は育つ
12月30日(金) 第五十八巻 第五百十七訓 それぞれの侍
12月31日(土) 第三十巻 第二百六十訓 大切な荷ほど重く背負い難い
1月1日(日) 第三十六巻 第三百十一訓 丁か半か
1月2日(月) 第十巻 第八十三訓 少年はカブト虫を通し命の尊さを知る
1月3日(火) 第六十四巻 第五百七十四訓 道
1月4日(水) 第五十六巻 第五百五訓 悪党とおまわり
1月5日(木) 第五十九巻 第五百二十八訓 ヒーローは遅れてやってくる
1月6日(金) 第四十二巻 第三百七十訓 バラガキからの手紙
1月7日(土) 第五巻 第三十三訓 ベルトコンベアには気を付けろ
1月8日(日) 第六十五巻 第五百八十九訓 兄妹
1月9日(月) 第五十五巻 第四百九十六訓 春も冬も

【作品あらすじ】
架空の江戸を舞台に繰り広げられる活劇物語。「天人」と呼ばれる異星人らによって支配される世界で、甘党&無鉄砲な侍・坂田銀時が新八・神楽ら仲間たちと共に万事屋に持ち込まれた様々な事件を解決する。


[写真付きで読む]『大銀魂展』東京・秋葉原で開催 - 180点以上の原画と映像コンテンツで銀魂ワールドを披露

外部サイト

  • ライゾマとアート+コムの合同企画展が東京・西新宿で - 光の動きに着目した最新のデジタルアート
  • 岩合光昭「ねこの写真展」新宿・名古屋など全国11会場にて開催 - 新ねこグッズも
  • コンラッド東京の「オトナ苺ブッフェ」週末限定で洋酒香る苺スイーツが食べ放題