日本映画「君の名は。」韓国公開日を来年1月4日に前倒し“韓国ファンの熱い声援のため”

写真拡大

大ブレイク中の日本映画「君の名は。」が韓国の観客の多くの関心に後押しされ、公開日を前倒しした。

8日、配給会社のMegabox Plus Mは「『君の名は。』の公開日を来年1月5日から前倒しして来年1月4日に変更した。公開を待ち望んでいる韓国ファンの熱い声援のためだ」と明かした。

「君の名は。」は今夏日本で公開され、観客動員数1500万人突破という驚くべきヒットを飛ばした作品だ。アジア5ヶ国の興行成績1位を記録、さらにアメリカや欧州の観客の心を鷲づかみにした話題作だ。

既に海外で先に本作を見た韓国の観客は「日本に行って観てきました。2回観てください。いや、観れば観るほどいいです」「観ないと、一生後悔する。そしてアニメに対する私の偏見を破ってくれた映画」「韓国に帰ったら、また観に行きます」など、好評が続いている。

「君の名は。」は、夢の中で体が入れ替わった東京に暮らす少年・瀧(たき) と、山奥で暮らす少女・三葉(みつは) が作る奇跡と愛の物語を描いている。千年ぶりとなる彗星の来訪を1ヶ月後に控えた日本を舞台に、会うはずのない2人が必然的に会う運命になっていく奇跡のようなラブストーリーを通じて、大切なメッセージを届ける。