1

東京ドームに隣接した総合アミューズメント施設LaQua(ラクーア)の中にある「PARK STREET CAFE」はかなり珍しいラクレットチーズドッグ専門店。ずっしりと重さを感じるほどにチーズを使ったチーズドッグを味わうべく、お店まで行ってきました。

PARK STREET CAFE

http://www.tricolore.co.jp/parkstreet/index.html



場所はここ。東京ドームを目指していけば、その北隣がラクーアです。

ラクーアに到着



PARK STREET CAFEがあるのは2階で、東京ドームから歩道橋を渡ってすぐのところです。



今回はメインの品である「ラクレットチーズドッグ」(490円)とチーズの量が2倍の「Wラクレットチーズドッグ」(640円)、サイドメニューとして「ラクレットonポテト&ベーコン」(490円)を注文しました。

席について5分ほどでやってきた「Wラクレットチーズドッグ」と「ラクレットチーズドッグ」。



ノーマルでもチーズがソーセージを覆い、バンズからあふれているのですが……



ダブルはそれどころではない量のチーズ。



バンズすら覆ってしまおうかという大ボリューム。見た目に違わず、持ち上げようとするとズッシリとした重みを感じます。



左がダブル、右がノーマル。見た目の差は、ノーマルのチーズの量が少ないわけではなく、ダブルの量が多いためです。口に入れると、ふわっとやわらかいバンズとややぷりっとしたソーセージに続いて、チーズの大群が押し寄せてきます。バンズもソーセージも、何もかもがチーズの風味に包み込まれて、チーズ好きには至福のひととき。チーズの量が2倍で値段が150円差なら、これはダブルにすべきです。



こちらは「ラクレットonポテト&ベーコン」。



チーズとポテトは鉄板の組み合わせで、そこにベーコンが加わって、「これぞビールのつまみ」という一品。



チーズはとろっとした部分だけではなく、パリッと固まった部分もあって、これがたまりません。



なお、店内は言うまでもなくチーズの香りが充満しまくっているので、店内にも注意書きがあるほど。なので、チーズが苦手という人にはかなりキツい空間となっており、「チーズは嫌いだが友達が行くから一緒についてきた」という場合、大変なことになるので覚悟して行きましょう。