話題店ひしめく美食エリア銀座に、この6月、人知れずのれんを掲げた割烹、みくり。割烹から高級海鮮居酒屋まで幅広いジャンルの和食店で修業を積んだ栗原大輔さんが、満を持して始めた小さな日本料理店だ。先付け2〜3品からスタートするおまかせコースは、玄界灘で穫れた甘鯛や対馬のアナゴなど、福岡直送の魚介をふんだんに用いたバラエティ豊かな内容。

 クライマックスは何といっても旬の味覚を炊き込んだ締めの土鍋ご飯。蓋を開けた瞬間に香りが広がる臨場感は、まさにかぶりつきのカウンター席ならではだ。「できる限り、できたてのおいしさを届けたい」と考える主人の心ばえが伝わる、ひと皿ひと皿をぜひ。

03-tokyogourmande-161007.jpg さっぱりとした「水ナスとカマスの締めもの土佐酢ゼリーがけ」。

04-tokyogourmande-161007.jpg 締めの「ノドグロと野生エノキと新ギンナンの炊き込みご飯」。ほかに¥10,800のコースも用意する。サービス料がないのもうれしい。

01-tokyogourmande-161007.jpg こぢんまりとしていながらも席はゆったり。

(参考記事)代々木上原で、中国各地のレアな郷土料理をじっくり堪能。
(参考記事)浜松発。ピュアなウナギの味とタレにぞっこん。

〜memo〜
 半個室もあるので会食シーンでも活躍しそう。1〜2人なら、主人が目の前で料理を仕上げる様子やできたてならではの風味を身近に感じることができる、かぶりつき状態のカウンター席がおすすめ!


みくり
東京都中央区銀座1-27-11 銀座葵ビルB1F
Tel.03-6264-4489
営)18時〜22時L.O.
不定休
予算:¥15,000〜
座席数:カウンター6席、4人用半個室1室
http://mikuri-ginza.jp
*「フィガロジャポン」2016年10月号より抜粋

texte : KEIKO MORIWAKI, photos : YU NAKANIWA

※当記事は「madame FIGARO.jp」からの転載記事です。

Figarojp_logo200.jpg

※madame FIGARO.jpより転載