8日、中国メディアの国際在線は、技能実習生として来日している中国人のうち、毎年数千人が失踪していると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年12月8日、中国メディアの国際在線は、技能実習生として来日している中国人のうち、毎年数千人が失踪していると伝えた。

記事によると、今年6月の時点で日本には21万人の技能実習生が各国から来ており、そのうち約60%が中国人だという。しかし、11月30日に法務省が公表したデータによると、2015年には5803人の技能実習生が失踪しており、そのうち3116人が中国人実習生だった。2011年からの累計では1万人以上の中国人実習生が失踪している。

記事は、こうした不法滞在者の中には、日本の犯罪組織に利用される人がいる一方で、SNSなどでうまく仕事を探し高給を取る人もいると紹介。いずれにしても不法に滞在しているため、往々にして弱者の立場に置かれるとした。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本の所得は中国より高い。それに中国では学歴も技能もなければ、最も苦しくて汚い仕事しかなく、しかも給料は安い」

「中国では1人で働いても1人しか養えない。日本では1人働けば家族全員を養える」

「失踪したのは中国人ではなく、民族としての自尊心だ」

「なんで中国で失踪する日本人はいないんだ?」

「不法滞在とはいえ日本で稼いだお金を中国で使い、中国に税収の機会を与えている。中国で稼いだお金をもって日本で消費して日本の税収を助けている人たちは、よく考えた方がいい」(翻訳・編集/山中)