BIGBANG、最後の新曲は「GIRLFRIEND」…フルアルバムのベールを脱いだ!

写真拡大 (全2枚)

BIGBANGの最後の新曲のタイトルは「GIRLFRIEND」だった。

12日0時に公開されるBIGBANGの「MADE」アルバムのトラックリストが全曲公開された。ダブルタイトル曲の「FXXK IT」「LAST DANCE」とともに、8日に公開された3つ目の新曲「GIRLFRIEND」が含まれた。

「GIRLFRIEND」はG-DRAGONとSOL、TEDDYが作詞に参加し、作曲はG-DRAGONとYGのメインプロデューサーであるTEDDYとchoice37が手掛けた。

「MADE」アルバムには、3曲の新曲とともに昨年8月から4ヶ月間月間ランキング1位を席巻した「BANG BANG BANG」「LOSER」「BAE BAE」「SOBER」「私たち愛するのをやめましょう(LET'S NOT FALL IN LOVE)」「IF YOU」「チョルオ(ZUTTER)」「WE LIKE 2 PARTY」など8曲が収録される。

昨年8月から始まったM.A.D.E シリーズが、1年半で「MADE」アルバムとして完成される形となり、もう4日後に迫ったBIGBANGの新曲とフルアルバム発表のニュースに、多くの世界中のファンが期待している。今年10周年を迎えたBIGBANGが、韓国を代表する男性グループという事実に異議を唱える人はいないだろう。

韓国のアーティストとしては唯一、北米までもを含めたワールドツアーを行ったほど、BIGBANGのカムバックのニュースは、韓国だけでなく多くの国で話題となっている。BIGBANGの新曲のリリースは、韓国のランキングだけでなく多くの海外のランキングを制覇するほど熱い反応を記録しているためだ。

今年デビュー10周年を迎えたBIGBANGの「MADE」アルバムは、8年ぶりに発表するフルアルバムで、来年2月にT.O.Pの入隊が決まり、これから数年間完全体としてのBIGBANGの活動が見られないという残念さと、1年ぶりに発表されるBIGBANGの新曲への期待が混ざっている。

BIGBANGは、新曲発表の1時間前の12日午後11時に、生放送で行われる「V」アプリから世界中のファンたちとともに、8年ぶりに発表されるフルアルバムを祝う予定だ。最近数週間、毎週日本でのドームツアーを行っているBIGBANGは、12日から約4週間韓国での活動に集中する予定で、音楽放送はもちろん、数年ぶりにMBCバラエティ番組「無限に挑戦」と「ラジオスター」への出演も決まっている。

昨年、4ヶ月連続でGAONチャート1位を総なめにしたBIGBANGの新曲が、はたして12月の音楽界にどのような影響を及ぼすのか、音楽界の構成をどのように塗り替えるのか注目される。ファンだけでなく、音楽関係者たちの関心事となることが予想される。