『バイオハザード:ザ・ファイナル』でアンブレラ社が開発した人工知能レッドクイーン役を演じるミラ・ジョヴォヴィッチの愛娘エヴァ・アンダーソン

写真拡大

いよいよシリーズのラストを迎える『バイオハザード:ザ・ファイナル』。この映画に、主演のミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソン監督の愛娘エヴァ・アンダーソンが出演していることが発表され、そのビジュアルと登場シーンの映像が解禁となった。

[動画]ミラ・ジョヴォヴィッチが愛娘と共演!/『バイオハザード:ザ・ファイナル』本編映像

日本発の人気ゲームから生まれ本作は、ジョヴォヴィッチ扮する美しきヒロイン・アリスと、世界をアンデッド化した元凶である宿敵アンブレラ社との最後の戦いを、シリーズ最高のスケールで描く話題作。

2人の愛娘エヴァが演じるのは、本作において重要なキーパーソンとなるレッドクイーン役。アンブレラ社が開発した最先端かつ高性能の人工知能で、シリーズ最初の作品『バイオハザード』にも登場した地下研究所「ハイブ」全体を統御するメインコンピューターという役どころだ。T-ウイルスによる世界支配をもくろむアンブレラ社の中枢的な存在でもある。

ジョヴォヴィッチは本作に出演する愛娘について「彼女が仕事をしているのを見るのは素晴らしいし、すごく情熱があるから映画の中のとてもワクワクする部分になると思うわ」と母親としてのみならず、共演者としても娘の演技を絶賛している。

これまでのレッドクイーンは、アリスら生存者を追い込むために様々なトラップを仕掛ける残忍な人工知能だった。だが、解禁となった映像では、レッドクイーンが「48時間で人類は滅びる」とアリスに呼びかけ、警戒するアリスに「私を止めてほしい」と語る。さらには「後ろ」とアンデッドの存在を教え、アリスを助ける場面も。はたしてレッドクイーンの真の目的とは?

『バイオハザード:ザ・ファイナル』は12月23日より世界最速公開となる。