7日、ポータルサイトの台湾版Yahoo!が発表した「2016ネットで人気沸騰した話題人物」ランキングに、「PPAP」のピコ太郎、リオ五輪の爆笑インタビューが話題になった女子競泳の傅園慧選手らが選ばれた。

写真拡大

2016年12月7日、ポータルサイトの台湾版Yahoo!が発表した「ネットで人気沸騰した話題人物2016」ランキングに、「PPAP」のピコ太郎、リオ五輪の爆笑インタビューが話題になった女子競泳の傅園慧(フー・ユエンホイ)選手らが選ばれた。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

台湾版Yahoo!が7日、各ジャンルの「年間ランキング」を発表。「ネットで人気沸騰した話題人物」ランキングでは、リオ五輪でのインタビューで天真らんまんな愛されキャラを発揮し、世界中の話題をさらった女子競泳の傅園慧が1位に。今年11月、世界的ブレーク後に、台湾で海外初ステージを踏んだ「PPAP」のピコ太郎が2位に選ばれた。

3位は、中国で「ウザい動画」が話題をさらった「モンスター網紅(ネットの話題人物)」ことPapiちゃん(Papi醤)だった。

「最も検索された人物」の芸能界部門では、今年中華圏で大ブレークした韓国の俳優ソン・ジュンギが1位。実子確認騒動が話題になった同じく韓国の俳優キム・ヒョンジュンが2位に登場。韓国のガールズユニットTWICEの台湾人メンバーで、国旗騒動が連日報道されたツウィ(周子瑜)が3位となっている。(翻訳・編集/Mathilda)