リンパマッサージは痛い?いいえ、むしろ優しいマッサージで気持ちいいんです

写真拡大

「キレイの先生」編集部の山田です。

 エステサロンの先生に取材していると「え、そうだったんだ‥‥」と、自分の思い込みに気付くことがあります。

「リンパマッサージ」についても、そのひとつです。

 リンパには、体内の老廃物を流して回収する役割があります。流れが滞ると、むくみなどの原因になります。リンパマッサージは、リンパを流すマッサージで、むくみを取ったりするのに良いです。

 皆さんは、リンパマッサージというと、どんなイメージがありますか? 痛そうなイメージがありませんか? 私もそうでした。ただ、それは先入観だったのです。

 リンパを流すマッサージに、力はまったく必要ありません。極端にいうと、さするくらいでも、リンパを流せるといいます。痛いどころか、むしろ気持ちいいですよね。

 それは、皮膚のリンパがとても浅い場所、具体的には「真皮(しんぴ)」という層に通っているから。それは、皮膚の表面から約0.2〜2mmの深さにあります。皮膚の表層ともいえる場所です。

 そこにアプローチしていくわけですから、力を入れる必要はまったくありません。さするくらいの力でも、流すことができます。

 もし、リンパマッサージに痛いイメージがあれば、リンパドレナージュ(マッサージ)のサロンに行ってみてほしいと思います。

 きっと想像以上に気持ちが良くて、眠ってしまいますよ。

キレイの先生 http://kireinosensei.com/