忘年会のシーズン真っ盛りで、毎日のように飲み会続きという人も多いのでは? アルコールの飲み過ぎはもちろん、食べ過ぎで胃腸がお疲れ気味ではありませんか? このシーズン、何となくお肌が冴えなかったり体調が優れなかったりするのは暴飲暴食が原因かもしれませんよ。
たまには胃腸を休めて、胃腸に負担のかからない食べ物を食べるようにすれば、ピカピカのお肌や元気が戻ってくるかも!

忘年会シーズンの胃腸はどんな環境?

1日に必要な摂取カロリーは、20代の女性で1,800〜2,800kcal、30代の女性では1,750〜2,750kcalです。一方、おつまみの定番の鶏のから揚げは1人前で290kcal、ポテトフライは370kcal程度。締めのラーメンを食べれば400kcalにもなってしまいます。
カロリーの摂り過ぎはもちろんいけませんが、食べ過ぎ・飲み過ぎは胃腸に大きな負担になってしまいます。特に夜から深夜にかけての時間帯に食べると、就寝時になっても食べた物が胃の中に消化されずに残っていて、胃腸が休むことができません。本来ならば、睡眠は日中の活動でダメージを受けた細胞を修復する時間。
その時間を消化活動に使ってしまうと、修復するためのエネルギーと時間が無くなってしまいお肌は荒れ放題になってしまいます。

できれば1日3食きちんと食べるのが◎

飲み会で食べ過ぎた次の日は、ちょっと食べるのを控える……これも悪くはありません。でも、できれば1日3食きちんと食べた方が体のためにはいいのです。
栄養素の種類によっては、摂り過ぎた分が短時間で排出されてしまうものもあります。1日に必要なカロリーを3回に分けて食べることで、必要な栄養素を上手く配分することができるのです。

飲み過ぎ食べ過ぎが続いた時に食べたい胃に優しい食べ物

暴飲暴食が続いていると思ったら、胃に優しい食べ物を選んで食べるようにしましょう。ここでは、いろいろな栄養ごとの胃に優しい食べ物をご紹介します。

○炭水化物を抜くのはやめて

炭水化物は体を動かすエネルギーになるものなので、少量でも必ず食べるようにしましょう。胃に優しいのは白米や白パンなど、穀物の外皮を取り除いたものです。オイルを使ったパスタやチャーハンなどは胃に負担になるので避けます。

○胃に優しいタンパク質は?

タンパク質は、体を作るもとになる栄養素。ピカピカのお肌を取り戻すためにも抜いてはいけません。胃に優しいのは、豆腐や卵など、青魚は油が多いので控えて白身の魚をチョイスしましょう。

○ビタミン豊富で胃に優しい野菜

もちろん野菜もきちんと食べたいですよね。キャベツには荒れた胃の回復を助けるビタミンPが、トマトには胃の粘膜を強化するビタミンAが豊富です。また、大根は消化酵素のアミラーゼが豊富ですが、大根おろしにして食べると、酵素の働きがいっそう高まります。

胃が疲れていると感じたら、胃に優しい食べ物を選んで胃を休ませてあげましょう。1日3食が基本ですが、間食を控えて空腹の時間を作ると免疫力が高まるというデータもあります。


writer:岩田かほり