写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Microsoftは12月7日(現地時間)、開発者カンファレンス「Microsoft Build 2017」の開催スケジュールを発表した。

場所はワシントン州シアトル、開催期間は2017年5月10日〜12日。2013年から米サンフランシスコでの開催が続いており、ワシントン州での開催は2012年にMicrosoftキャンパスで行われて以来。申し込み受付開始日など詳細は不明で、BuildのWebサイトでメーリングリスト登録を受け付けている。

Microsoftは来年春に「Windows 10 Creators Update」をリリースする予定で、All About MicrosoftでMary Jo Foley氏は提供開始時期を2017年3月と報じている。Creators Updateの開発が順調に進めば、Build 2017ではCreators Updateの次のアップデートが語られる可能性がある。

同社はまた、Worldwide Partner ConferenceとMicrosoft Envisionについても変更を発表した。パートナーカンファレンスのWorldwide Partner Conferenceは「Microsoft Inspire」という名称になり、2017年7月9日〜13日に米ワシントンDCで開催される。ビジネスリーダー向けのMicrosoft Envisionは2月開催が計画されていたが、Microsoft Ignite(2017年25日〜29日、フロリダ州オーランド)の一部に組み込まれる。

(Yoichi Yamashita)