中国は世界有数の希土類(レアアース)生産国として知られている。レアアースはハイテク製品に必要不可欠な物質であり、中国もレアアースを戦略資源に位置づけてきたが、中国では乱採掘などによって埋蔵量が急激に減少しているとの見方がある。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国は世界有数の希土類(レアアース)生産国として知られている。レアアースはハイテク製品に必要不可欠な物質であり、中国もレアアースを戦略資源に位置づけてきたが、中国では乱採掘などによって埋蔵量が急激に減少しているとの見方がある。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国産レアアースの世界におけるシェアが低下傾向にあることを紹介し、危機感を示す記事を掲載した。

 記事は現代の最新兵器、例えばF-22やF-35といった戦闘機のエンジンがその性能を存分に発揮するためには、レアアースが欠かせない材料であると指摘。また、米国の軍事兵器のレベルが世界をリードする水準にあるのは、米国のレアアースを加工する技術が世界最先端の水準にあるためだと指摘。つまりレアアースを加工し、付加価値の高い製品を作れるかどうかが、軍事力の差に直接影響するとの見方を示した。

 続けて、中国産レアアースの世界シェアは20世紀においては圧倒的な世界一であり、90%以上のシェアを維持してきたとしながらも、近年は乱採掘などによって埋蔵量が急激に減少していると指摘。

 さらに、米国がレアアース輸入量全体の90%以上を中国から輸入する一方で、「中国という競争相手の実力を弱める」ために、中国からレアアースを「低価格」で大量に輸入していると強調した。また、レアアースはとりわけ軍事分野において非常に重要な存在であるため、中国は日本や米国へのレアアース輸出を制限すべきであると提言した。

 2010年、中国の漁船が尖閣諸島(中国名:釣魚島)近海で日本の巡視船と衝突する事件が起き、中国は事実上の報復措置としてレアアースの輸出制限を行った。その結果、レアアースの価格は一時的に高騰したものの、日本ではレアアースを使用しない技術の開発や、レアアースの供給ルートの開拓が行われた。記事は今なおレアアースの輸出制限を行うべきと主張しているが、輸出制限によって自国のレアアース産業が苦境に直面した事実を忘れてしまったのだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)