スマホやタブレット用のカーナビ・アプリを使っている人も多いでしょう。性能、機能に応じて無料から有料まで多種多様に揃っています。12月1日、トヨタから「TCスマホナビ」というカーナビ・アプリ(無料)がリリースされました。

1

トヨタは、これまでスマホ向けナビアプリとして、車載通信機(データ・コミュニケーション・モジュール、以下 DCM)などを通じて車両から収集されたビッグデータに基づく、独自の渋滞情報「Tプローブ交通情報」を掲載し、渋滞を回避するルートを案内する「T-Connectスマホアプリ」を有料(2500円/年)で展開してきました。

一方で、災害時の救援活動を支援する目的で、同じくビッグデータに基づく通行実績情報を、「通れた道マップ」として、無料にてWebサイトにて公開し、スマホで確認することもできました。

12月1日からサービスを開始している無料アプリの「TCスマホナビ」は、従来のナビゲーション機能の視認性、操作性をより高めるとともに、「Tプローブ交通情報」や「通れた道マップ」が常時反映されるのが特徴。

こうしたナビに通常時から慣れてもらい、万一の災害時に有効に活用してもらうことを狙って、今回の無料化に至ったそうです。

大規模災害発生時に「通れた道マップ」に、「被災地の航空写真(パスコが提供する航空写真)」を表示されるほか、来夏には「通れた道マップ」を反映したナビのルート探索機能を追加するなど、災害対策機能を強化するとしています。

また「TCスマホナビ」は、外部の様々なサービス事業者とオープンに連携する場としても活用されます。

第1弾として、駐車場シェアリングサービス事業者のakippaが提供するサービスと連携し、駐車場の検索や予約、予約した駐車場までの案内も可能になっています。ほかにも、パーク24が展開する同様のサービスとも連携を進めるなどのアップデートが予定されています。

アプリのダウンロードは、下記のGoogle PlayとApp Storeから行えます。

TCスマホナビ(Google Play)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.toyota_ms.TcSpNavi

TCスマホナビ(App Store)
https://itunes.apple.com/jp/app/tcsumahonabi/id1154773775

(塚田勝弘)

トヨタが無料のカーナビ・アプリ「TCスマホナビ」をリリースする理由とは?(http://clicccar.com/2016/12/08/424316/)