ミラ・ジョヴォヴィッチ、娘と「バイオ」共演

写真拡大

ミラ・ジョヴォヴィッチとポールW・S・アンダーソン監督の愛娘、エヴァ・アンダーソンが、シリーズ第6弾にして最終作「バイオハザード:ザ・ファイナル」でハリウッドデビューを飾っていることがわかった。

本作でエヴァが演じるレッドクイーンは、宿敵・アンブレラ社が開発した最先端かつ高性能の人工知能で、シリーズ最初の作品「バイオハザード」にも登場した地下研究所「ハイブ」全体を統御するメインコンピューター。T-ウイルスによる世界支配をもくろむアンブレラ社の中枢的な存在として、本作でも物語の重要な役どころだ。

愛娘エヴァの出演について、ミラは「彼女が仕事をしているのを見るのは素晴らしいし、すごく情熱があるから映画の中のとてもワクワクする部分になると思うわ」と、母親としてだけでなく、共演者として彼女の演技を絶賛するとともに、物語を大いに盛り上げる存在であることを示唆している。

これまでのレッドクイーンと言えば、アリスら生存者を追い込むために様々なトラップを仕掛ける残忍な人工知能だった。今回解禁となる本編映像では、テレックス機から突然「ハロー、アリス」と印字された紙がはきだされると同時に出現したレッドクイーンが「48時間で人類は滅びる」とアリスに呼びかける。そんなレッドクイーンに警戒するアリスに「私を止めてほしい」と語り、さらには「後ろ」とアンデッドの存在を教え、アリスの手助けをしている。果たしてレッドクイーンの真の目的とは……。本作でついに明かされる「アンブレラ社の陰謀」「Tウィルスの謎」「アリスの誕生」の謎を紐解く存在となるのか、今から気になるところだ。

映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」は12月23日(金・祝)、世界最速公開。