様々なエンターテインメントを楽しめる"ウルトラスペック"ファブレット

写真拡大

パソコンやスマートフォンなどを扱うASUS JAPAN(エイスース・ジャパン、東京都千代田区)は、SIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra(ゼンフォン・スリー・ウルトラ) ZU680KL」を2016年12月9日に発売する。シリーズ最大サイズだという6.8型フルHD(1920×1080ドット)液晶ディスプレイを搭載。アンテナの見えないオールメタルのユニボディを採用した。

3つの統合AF搭載メインカメラ、ハイレゾ対応サウンド対応

オクタ(8)コアプロセッサー、メモリーは4GB、内蔵ストレージは32GBを装備。ホームボタンに指紋センサーを備え、素早いロック解除が可能。

2300万画素メイン、800万画素サブカメラを内蔵。メインカメラはレーザー/像面位相差/コンティニュアスの3つを統合した「トライテックオートフォーカス」を搭載し、暗所や動きのある被写体でも確実に捉えられるという。4K解像度の動画撮影も可能だ。

CDの約4倍の高音質「ハイレゾ音源」をサポート。付属のイヤホン「ZenEar」を使用すれば192kHz/24bitサウンドを再生できる。

4Gと3G回線の「デュアルSIMデュアルスタンバイ」に対応し、2つの電話番号を1つの端末で使用できる。容量4600mAhリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、「Qualcomm Quick Charge 3.0」により45分で0から約60%まで急速充電が可能なほか、本端末をモバイルバッテリーとして使用できる「リバースチャージ機能」を搭載。

そのほか主な仕様は、OSが「Android 6.0.1」、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポート。カラーはグレー、ローズゴールド、シルバーの3色。

価格は5万9800円(税別)。