6日、韓国メディアによると、韓国最大野党「共に民主党」の安敏錫議員が国会で「朴槿恵大統領は頭が悪い」との趣旨の発言をし、物議を醸している。写真は韓国の国会議事堂。

写真拡大

2016年12月6日、韓国・ニューシスなどによると、韓国最大野党「共に民主党」の安敏錫(アン・ミンソク)議員が国会で「朴槿恵(パク・クネ)大統領は頭が悪い」との趣旨の発言をし、物議を醸している。

安議員は6日開かれた朴大統領の親友・崔順実(チェ・スンシル)被告による国政介入疑惑に関する聴聞会で、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長に対し、昨年大統領府で行われた朴大統領との面談の中身について追及した。李副会長は「大統領とは創造経済に関する話をしたが、他の会話の内容については具体的に覚えていない」と回答、安議員はこれを受け「朴槿恵大統領は創造経済について30〜40分間も論じられる頭ではない。それなのに創造経済で何を30分も話したのか」と述べ、朴大統領をこき下ろした。

この安議員の発言に与党セヌリ党は猛反発、閔庚旭(ミン・ギョンウク)院内報道官が会見で「国民の怒りに便乗し人格を汚す発言」と述べるなど、安議員の公式の謝罪を求めている。

しかしこれに韓国のネットユーザーが寄せたコメントを見ると、安議員の容赦ない毒舌に同調するものが目立つ。「30分どころか1分の討論も厳しいと思う」との声が最多の共感を得ているほか、「大統領選の時の討論を見れば、頭が悪いのは明らか。記者の質問も受けられない頭だってことを知らない人はいないよ。オバマさんとの会見で何も言えないでいるのを見てどれだけ恥ずかしかったか」「当たってますけど何か?」「国民の95%は知っている事実」「30分とはずいぶん長いな。3分ならどうだろう?」「小学生相手でも討論できないだろう。順実がいないとね」などの声が寄せられている。

また、「それならテレビに出て孫石熙(ソン・ソッキ。一連の事件を暴いた韓国の池上彰氏とも呼ばれるジャーナリスト)と30分間討論してみろ」「多くの国民が持っている疑問だ。出てきて証明すればいい。30分を超えたら謝罪してもらえばいいさ」「せめて10分だけでも記者会見をしてみなよ」といったコメントも多数の共感を得た。(翻訳・編集/吉金)