米国を中心としたコンピュータサイエンス分野の国際学会「ACM」は11月30日、公式サイト上で、世界中から選出した「2016年傑出した科学者」32人を発表した。

写真拡大

米国を中心としたコンピュータサイエンス分野の国際学会「ACM(Association for Computing Machinery)」は11月30日、公式サイト上で、世界中から選出した「2016年傑出した科学者」32人を発表した。受賞者32人のうち、中国本土の科学者は2人おり、うち1人は西南交通大学出身で同学の客員教授を務める鄭宇氏。もう1人は、マイクロソフトリサーチアジアのマルチメディア検索・マイニング(MSM)グループに所属する梅涛研究員だ。コンピュータサイエンス界において、世界で最も権威あるACMが授与する同賞は、受賞者が世界各地で重大な成果を挙げたことが広く公認されたことを意味する。華西都市報が伝えた。

【その他の写真】

鄭宇氏は今年37歳。2007年に「都市計算」なる概念を初めて打ち出し、この概念に基づき、現在および過去における道路網のモニタリングデータと、別の場所から得られたデータによる分析を進めた。その結果、国内300都市の指定スポットにおける向こう2日間の大気の質を予想することを可能とした。中国環境保護部はすでに、彼の技術を採用済みだ。

鄭宇氏は、新浪微博(ウェイボー)において、都市計算の「熱愛者」だと自己紹介している。研究以外にもたくさんの趣味を持っている。大学時代はダンス部の部長を務め、全国大会での優勝経験もある。

ダンスを愛するほか、鄭宇はかなりのグルメ通で、特に「成都の火鍋」をこよなく愛している。昨年8月、彼は数名の仲間とともに、ビッグデータを利用して、テーマ・場所・経営方式を選び、上海に火鍋店をオープンした。彼の火鍋は、四川の茂●花椒(●=さんずいに文)やピーケン豆板醤をなべ底に入れ、さらに彭州九尺鎮名物のガチョウの腸を投入するのが特徴。オープン後すぐに、閔行区グルメ類総合評価ランキングで第2位に輝いた。今では、上海の支店数は3店舗にまで増えた。(提供/人民網日本語版・編集/KM)