トランプ新体制の行方は AP/AFLO

写真拡大

 世界的に注目された米大統領選は、事前の予想に反してドナルド・トランプ氏が勝利した。過激な発言を繰り返すトランプ氏が大統領になることで、世界はどう動くのか? ジャーナリストの落合信彦氏が解説する。

 * * *
 かつて強く美しかったアメリカは、ドナルド・トランプという怪物を生んだ。近著『そして、アメリカは消える』で指摘した通り、これまで数十年かけてアメリカは少しずつ劣化してきたが、「トランプ大統領」で一気に崩壊へ向かうことになるだろう。

 そしてアメリカの崩壊は、世界秩序の崩壊をも意味する。トランプは、「世界の警察官を務める財政的な余裕は、アメリカにはない」と繰り返してきた。さらに勝利演説でも「国際社会に伝えたい。われわれはアメリカの利益を第一に考えていくということだ」と訴えた。

 オバマが「アメリカはもはや世界の警察官ではない」と言ってから、どうなったか。中国は南シナ海などで海洋進出を加速させ、ロシアのプーチンもウクライナを侵略し、暴れ回っている。トランプが自国第一主義で「引きこもり」を強化すれば、ますます世界は荒れ果てていくだろう。

 国連やNATO(北大西洋条約機構)も、アメリカが圧倒的な軍事力を持っていたから成り立っていたと言える。トランプは、NATO加盟国がロシアから攻撃を受けてもアメリカは防衛に乗り出さない可能性があると発言していた。それを聞いたプーチンは大喜びしたはずだ。

 強いアメリカを形作ったレーガンは、トランプとはまったく逆にNATOをリードした。1986年4月に西ベルリンのディスコで起きた爆弾テロでは、アメリカ兵が一人、死亡した。CIAとNSAの情報で、リビアのカダフィが仕組んだテロだったと判明した。

 その時、レーガンはリビア爆撃のためNATOの国々に基地使用を求めたものの、彼らは断ってきた。そこでレーガンはサッチャー女史に電話し、イギリスの基地を利用する許諾を得たのだ。サッチャー女史は、リビア爆撃から5年後のインタビューで私にこう語っている。

「アメリカあってのNATOです。アメリカがNATOから出て行ってしまったら、どうなると思いますか? おそらくNATOはバラバラになると私は思っています」

 おそらくトランプは、そういった歴史やアメリカが世界秩序の維持に果たしてきた役割など、まったく知らないのだろう。サッチャー女史の予言通りにNATOがバラバラになれば、ロシアの暴走は加速するはずだ。

 もう一つ深刻な問題がある。トランプは、「就任100日行動計画」の中で「国連の温暖化対策への資金拠出取りやめ」「シェールガスや天然ガスなどエネルギー規制の緩和」を実行すると掲げている。要は、「自国の経済発展のためなら地球の環境なんか知ったことではない」というわけだ。
エネルギー開発を進めてCO2を撒き散らしても、アメリカ企業が利益さえ出せればいいというのである。

 国連の温暖化対策は、アメリカと中国が参加しなければ意味がない。両国が「世界の2大CO2排出国」であり、あわせれば世界全体のCO2の排出量の4割を占める。中国はもともとやる気がない上にアメリカまで「環境無視」の姿勢を取れば、世界の環境対策は破綻する。

 私は長年「中国が環境的に地球を壊す」と指摘してきたが、今後は「中国とアメリカが環境的に地球を壊す」ことになるだろう。

 ※SAPIO2017年1月号