お気に入りのぬいぐるみがしゃべりだす

写真拡大

米ニューヨーク近代美術館(MoMA)の公式店「MoMA Design Store(モマデザインストア)」は、クラウドファンディンサービスで目標金額の30倍以上を達成した、ぬいぐるみなどに「おしゃべり」をさせるようにするボタン型デバイス「Pechat(ペチャット)」を2016年12月10日以降に、東京の表参道、渋谷、池袋の各店と仙台店、神戸店で発売する。

スマホで遠隔操作ができる

「Pechat」は、専用アプリをインストールしたスマートフォンとBluetooth接続により遠隔操作が可能で、ぬいぐるみなどに装着して、そのぬいぐるみが「おしゃべり」をするように装うことができる。ぬいぐるみを通して子どもらとのコミュニケーションを楽しめ、子どもの心を通わせる力を育める。

また、声に反応して自動でおしゃべりする「おまかせモード」や、読み聞かせなどの知育コンテンツを搭載する。

対応OSはiOS 9.0〜、Android 5.0〜。リチウムイオンポリマー電池を内蔵し、約3時間の充電で約1.2時間の連続使用に対応。充電ケーブルが付属する。

価格は4989円(税込)。