7日、韓国国会で行われている国政調査特別委員会に証人として呼ばれた崔順実被告が出席を拒否したが、崔被告側が欠席理由とした病名につづりの誤りがあったことが分かった。写真は朴槿恵大統領の退陣を求めるデモ。

写真拡大

2016年12月7日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友・崔順実(チェ・スンシル)被告による国政介入事件の真相究明のためとして韓国国会で行われている国政調査特別委員会に、証人として呼ばれた崔被告が出席を拒否した。崔被告側は欠席理由として「パニック障害」の症状を挙げているとされたが、韓国日報など韓国メディアによると、被告自身が書いた「欠席事由書」の病名記載につづりの誤りがあったことが分かった。

与党セヌリ党の河泰慶(ハ・テギョン)議員が公開した崔被告直筆の欠席事由書によると、崔被告は聴聞会について「内容そのものが自身が捜査を受けている刑事事件と関連しているため陳述が難しい」などとした上で、「私は現在拘留中の身で空港障害があり健康状態も良くありません」と出席拒否の理由を述べている。パニック障害を指す韓国語「恐慌(コンファン)障害」と書くべきところ、ハングルのつづりを誤り「空港(コンハン)障害」と書いたとみられるのだ。

河議員は12月5日作成とされるこの文書について「情緒的に障害がある人が書いたとは思えないほど(文字が)きちんと書かれている」と分析、何より崔被告が患っているはずの「恐慌障害」を「よく知らないようだ」として、聴聞会への崔被告の出席を強く求めた。

この日午前10時から始まった聴聞会には崔被告ら10人が証人として呼ばれたが、核心人物である崔被告は欠席した。主役不在の聴聞会の実効性を疑問視する声が上がる中、明かされた「つづりミス」について韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「空港障害って飛行機に乗れないってことか」
「見るに堪えないという言葉はこういう時に使う」
「全国民がパニック障害になりそう」
「崔順実、最後の名言」

「空港では障害が出ちゃうけど国会なら大丈夫そうだね」
「演説文を直すのが趣味のくせに、ハングルも書けないのか」
「パニック障害は仮病に使いやすいのかな」

「まだ国民をばかにしてる?」
「ムカつく。こんな人間にも法は平等でなきゃいけないの?」
「仁川と金浦と、どっちの空港?」
「お笑い芸人のオーディションを受けたらどうだろう」(翻訳・編集/吉金)