織田信成が「ドラえもん」内のデータ放送『びっくりラッキーマンボ」に登場!/(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

写真拡大

「ドラえもん」の新作映画のスペシャル応援隊“南極カチコチ隊”としても活躍するプロフィギュアスケーター・織田信成が、12月9日(金)のデータ放送『びっくりラッキーマンボ!』コーナーに登場し、ドラえもんとダンスでコラボする。さらに「ドラえもん」のストーリーにも“本人役”で登場を果たすことが分かった。

【写真を見る】のび太が織田信成の動きに合わせて華麗に舞う!?/(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

先日、来年3月4日(土)公開の「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」で“南極カチコチ隊”に就任することが発表された織田。同じく応援隊となった浅田舞と共に、映画オリジナルソングに合わせた“パオパオダンス”を披露し、華麗な滑りとステップを見せている。

そんな織田が、12月9日(金)放送の番組内ミニゲームコーナー“びっくりラッキーマンボ!”に出演する。

このコーナーでは、ドラえもんと共にラテンのリズムに乗ってダンスに挑戦し、クイズを出題。収録では、フィギュアスケーターらしくキレッキレなステップを披露して、ドラえもんとスタッフを圧倒していた。

子供の頃から大のドラえもんファンで、毎週家族と放送を楽しんでいるという織田は、今回のドラえもんとの共演に大感激。「テレビを見ながら家族で参加していたラッキーマンボに自分が出題する側で出演させていただけるなんてすごくうれしいです! たくさんの方に楽しんでいただければ!!」と喜びを語っていた。

さらに、織田は同日放送の『南極ペンギンを救え!』というストーリーにも、“本人役”で出演する。

『南極ペンギンを救え!』は、壮大な景色の中でスケートを楽しもうと、南極を訪れたドラえもんたちがペンギンを助ける冒険物語。氷上で転んでばかりののび太を見かねたドラミが、国内のスケートリンクで演技中の織田にこっそり“まねラジコン”の送信アンテナを装着し、織田の演技通りにのび太を滑れるようにしてあげる…という場面で登場する。

演技中のシーンなためせりふはなく声優はしていないものの、スタッフが織田そっくりにキャラクターを描き上げているので、とてもリアルで見応え十分なものになっている。

なお、12月9日といえば、テレビ朝日ではフィギュアスケートの大一番「グランプリファイナル マルセイユ」を夜8時から放送し、織田も解説を担当。まさに“スケート一色”に染まる夜となるので、どんなに滑って転んでも、これは見ないと損だ。

また、12月9日、16日(金)は、2週連続で“クリスマス特別プレゼント企画”を展開。2週連続で番組を見てクイズに答えると、クリスマスを盛り上げる豪華プレゼントが抽選で当たるという。

気になるプレゼントなどの詳細はオンエア後、公式ホームページに掲載されるのでそこで確認を。