7日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本米は本当に中国米よりおいしいのか、問い尋ねる記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は米。

写真拡大

2016年12月7日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本米は本当に中国米よりおいしいのか、問い尋ねる記事を掲載した。

記事は、昨年の春節に日本旅行に行った中国人観光客の間で、日本米の爆買いが見られたと紹介。中国最大のネットショッピングモール・タオバオでも、日本米は無農薬で重金属汚染されていない米として売られていると伝えた。

その上で、日本米と中国米のどちらがおいしいと思うか、アンケートを実施。その結果、日本米の方がおいしいと回答した人が38%だったのに対し、中国米の方がおいしいと回答した人は62%に上った。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「少なくとも日本米は安心して食べられる」
「日本の米は確かにおいしい。冷めても硬くならない」
「お米で日本と比べるべきではない。日本との差は本当に大きい」

「おいしくないものをみんなが買うわけがない」
「栄養的には日本米の方がいいが、口当たりは中国五常米の方がいい」

「タイ米が一番おいしい。中国はその次で日本米は最悪」
「俺はタイ米が好きだな。中国東北米は食べない。北朝鮮の核実験場から近すぎるから」

「日本米はおいしいに決まっている。毒もないし。中国米はみんな遺伝子組み換えだ」
「中国米は化学肥料と農薬を使いすぎ。田んぼに行くと鼻につく臭いがする」(翻訳・編集/山中)