「Pokemon GO」の画面イメージ(写真:イオン発表資料より)

 イオン、ナイアンティック、およびポケモンの3社は7日、スマートフォン向けアプリ「Pokemon GO(ポケモン・ゴー)」におけるパートナーシップ契約の締結を発表した。

 契約に基づき「Pokemon GO」のゲームで特別な場所である「ポケストップ」と「ジム」が、日本および海外のイオングループ店舗の合計3,498ヶ所で同日からゲーム内に登場する。日本国内では「ポケストップ」が2,983ヶ所、「ジム」が415ヶ所の計3,398ヶ所、海外では香港・マレーシア・タイ・ベトナム・カンボジア・インドネシアの6ヶ国で「ポケストップ」が100ヶ所となる。

 国内では、マクドナルドが今年7月のPokemon Goの国内配信開始にあわせ、約2,900の全店舗で「ポムストップ」「ジム」として登場しているほか、ソフトバンクもパートナー契約を発表しており、ソフトバンクショップとワイモバイルショップが「ポムストップ」「ジム」となっている。

 今後、イオンはポケモン関連商品の販売や、店頭でのイベント、キャンペーンの実施など、ゲームと店舗をつなぐ施策を検討していくとしている。