オダギリジョー

写真拡大

『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和監督がメガホンをとり、『おくりびと』以来7年ぶりの映画主演となる本木雅弘が主人公を演じた『永い言い訳』。現在、ロングランヒット中のこの映画のトークイベントが12月3日に池袋シネマ・ロサで行われ、西川監督と、彼女のヒット作『ゆれる』(06年)で主人公の早川猛役を演じたオダギリジョーが登壇した。

[動画]オダギリジョー、10年前の主演作『ゆれる』は今見るとショボい!?/映画『永い言い訳』トークイベント

この日は西川監督がオダギリを「とても信頼している俳優」と紹介。これにオダギリが「嘘くさいですね(笑)」と突っ込み。一方、オダギリも「西川監督のこの『永い言い訳』は傑作です」とベタ褒めし、「嘘くさいですね、今の流れだと」と西川監督も笑顔で応じた。

今回のトークイベントに登壇するにあたりオダギリは、10年前の公開作『ゆれる』を見たそうで、「どうでした?」と興味津々に尋ねる西川監督に、「20代最後の作品で、むちゃくちゃ気合いを入れて臨んだでいたんですよ。(共演が)香川(照之)さんだし、脚本もすごかったし、自分の中でもある1つの答えを出せた気になっていたんですけど、今見るとショボいっすね」と発言。これには西川監督も大爆笑。

その「ショボい」というのは映像に映る自分に対して思った言葉だそうで、「もっと、いろんなことをやっていたと思っていたんですけど…」と真意を明かした。

またオダギリは、『永い言い訳』主演の本木からこれまでに、大きな影響を受けたと告白。「本木さんから影響を受けたのが、自分の中の20%くらいはあると思います」と数字を交えて説明すると、「言いすぎかな?」と自ら否定し会場を沸かせ、改めて「17%くらい」と言い直していた。

その本木からの影響については「本木さんは、ちゃんとした部分もあるじゃないですか」と述べ、「僕はそこがない。だから、本木さんの突飛なとこだけをもらっちゃったみたいな」と話し、西川監督を笑わせた。

さらにオダギリは西川監督に、「(撮り終えた今は)撮りたいものないでしょ?」と語りかけ、『永い言い訳』に関しては「1つの完成形を見せつけられているような気がした」と、その作品の出来映えを絶賛していた。