中国メディア・今日頭条は6日、「日本と中国における装飾の差をどう見るか」とする記事を掲載した。日本人と中国人では住宅の内装に対する意識が大きく異なるようである。その違いはどこにあるのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディア・今日頭条は6日、「日本と中国における装飾の差をどう見るか」とする記事を掲載した。日本人と中国人では住宅の内装に対する意識が大きく異なるようである。その違いはどこにあるのだろうか。

 記事はまず、「中国人に比べて日本人は内装についてよく知らない。地元の建材市場がどこにあるか答えられないのだ」と説明。それは「日本の新築物件の大部分はきれいに内装が施されており、中国の新居のようにスケルトン状態ではないからだ」とした。また、比較的年代の古い中古住宅についても、販売前に企業がリフォームを行うため、購入後に内装を大きくいじるというケースは少ないことを伝えている。

 そして、日本人は内装をあたかも工業製品のように扱い、集合住宅などは「工業製品のユニット設置」がメインとなっていると紹介。キッチンやトイレ、浴室、クローゼットなどは標準に基づいて設計された工業製品なのであるとした。一方で、標準化デザインというのは、「どの家庭でも同じように配置する」訳ではなく、住む人の家族構成に基づいた空間づくりや機能の設置が行われているのだとした。

 さらに、日本の内装施工には実に多数の業者が出入りすると紹介。企業間で高度な分業がなされており、それぞれ非常に細かく専門性の高い仕事がなされているとも伝えた。

 記事は、「中国の一部都市の住宅価格は日本と同じだが、中国人は住宅購入に高い値段を出すことは良しとしても、内装に多くのお金を支払うことは受け入れがたい」と説明。しかし一方で、10年が経過すると新たに内装をいじるケースがしばしばであり、結局のところ「中国人が一生に費やす内装費用は、日本人と同じくらいになってしまうのである」としている。

 引き渡しでカギを貰ったその日から生活ができるのが日本の住宅で、内装をどうするかを考えるのが中国の住宅。それ自体は文化的、習慣的な違いである。自分のアイデアを取り入れたいと考える人には「中国式」がいいのかもしれない。ただ、10年程度でガタが来てしまうような内装のレベルというのは、ちょっと考えものである。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)