フェリシティ・ジョーンズ

写真拡大

12月16日より公開となる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のプロモーションのため、主人公のジン役を演じるフェリシティ・ジョーンズ、情報将校キャシアン役のディエゴ・ルナ、ギャレス・エドワーズ監督の3人が12月6日に成田空港に到着した。

『ローグ・ワン』引っさげフェリシティ・ジョーンズの初来日が決定!

この日の空港には、ストームトルーパーのマスクをかぶった人や反乱軍のヘルメットをかぶった人、朝から9時間以上到着を待ち望んでいた人など、約300人のファンが待ち受け、メンバーが姿を現すと熱狂する声が空港内に響き渡った。

主演のジョーンズはプロモーションでは初来日。彼女が手を振りながら現れると、会場からは大きな歓声が上がった。9年ぶりの来日となるルナは、長時間のフライトの疲れを感じさせず、駆け付けたファンのために熱心にファンサービスを行うと、「ありがとう! 日本に来られてすごく嬉しいよ。ファンのみなさんに会えたことも最高だ。この3日間がすごく楽しみだよ!」と笑顔でコメント。

ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の監督でメジャーデビューをはたしたエドワーズ監督は2年ぶりの来日。本作を引っ提げて来日した気持ちを聞かれ、「とても光栄なことだと思っているよ。日本の映画、特に黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』は、ジョージ・ルーカスも影響を受けた『スター・ウォーズ』の原点のようなものだからね。シリーズの故郷ともいえる日本に本作を持って来られて、とても嬉しいよ」と回答。「ぜひ、映画を見に行ってください! もし、見てくれなかったら帝国軍がデス・スターで破壊しにきますよ!」と茶目っ気たっぷりに続けた。

本作は『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフで、史上最も有名な悪役ダース・ベイダーの誕生を描いた『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』と『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』とをつなぐ架け橋的作品。反乱軍の寄せ集め極秘チーム「ローグ・ワン」が、全銀河を脅かす究極兵器デス・スターの設計図を奪うという、生還不可能なミッションに挑む姿が描かれていく。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日より全世界で公開となる。