『ウォーキング・デッド』カール役のチャンドラー・リッグス

写真拡大

米AMCでシーズン7が放送中の大ヒット・ゾンビドラマ『ウォーキング・デッド』で、リック・グライムズの息子カールを演じるチャンドラー・リッグス。その彼が、米アラバマ州にあるオーバーン大学に入学することが決まった。このことは次のシーズンとなるシーズン8にどう影響するのだろうか。

米Hollywood Reporterのインタビューの中で、学業が及ぼす影響について尋ねられたカールは、「どうなるのかな。(両立が)うまくいくといいなと本当に思ってる。『ウォーキング・デッド』に出演するのが好きだし、ビデオゲームをプレイしたり友達とぶらぶらしたりと、できるだけ普通にしてるのも好きなんだ。大学に行くのだって、人生の中での普通の体験だから、本当に素敵なことさ」と話した。

ドラマ出演と学業を両立させたいというチャンドラーは、その可能性を模索しているところらしい。「理屈の上では、大学キャンパスで一つか二つの講義をとって、あとはオンライン講義を受ければいい、ということなんじゃないかな。教授たちの了解も得ないとね。簡単じゃないけれど、可能だとは思ってる」と本人は答えている。

なお、今のところシーズン8の出演契約がどうなっているのかは明かせないとのこと。場合によっては、物語におけるカールの運命にも関わる事柄だけに、今後の動向が気になるところだ。(海外ドラマNAVI)