むしろ楽しいかも〜!シングルクリスマスの寂しさを紛らわす方法・5選

写真拡大



「彼氏もいないし、別にクリスマスはひとりでいいや」なんて思っている人はいませんか?でもいざ当日になると、なぜか無性に寂しさが襲ってきたりするものですよね。そこで今回は「シングルクリスマスの寂しさを紛らわす方法」について20代女性にリサーチしてみました。

■1.女子同士でワイワイ

「毎年クリスマスは、彼氏がいない女子で集まってクリパをしています。みんなでプレゼント交換をしたり、ケーキを食べて盛り上がっていますよ。」(28歳/一般事務)

「去年は女3人でイルミネーションを見に行きました!周りはカップルだらけだったけれど、それもまた思い出です(笑)」(25歳/化粧品関係)

「どうせ彼氏なんかいないし…」とひとりでふさぎ込むくらいなら、絶対に女同士でワイワイするべき!たくさん笑っておしゃべりすることで、気持ちもリフレッシュされるでしょう。もしかしたら男性とデートするよりも、何倍も楽しいかもしれませんよ。

■2.趣味に走る

「私は大好きなバンドのクリスマスライブに行きましたね。彼氏がいなくても全然寂しくなかったし、むしろ幸せでした。」(24歳/アパレル)

クリスマスってイベントも盛りだくさんですよね。音楽好きであればライブイベントに、ファッションが好きならクリスマスセールに繰り出しても良いですし、はたまた家で好きなDVDなどを観るのも良さそう。自分だけに時間やお金を投資できるのって、ある意味最高の贅沢ですよ!

■3.ナンパスポットへ行く

「ひとりでナンパしてもらえそうなバーへ行ったことがありますね(笑)。そこで私と同じようにひとりで来ていた男性と意気投合。クリスマスが終わったあとも、何回かご飯に行きました。」(28歳/サービス業)

普段だったらためらってしまうような「ナンパからはじまる恋」も、クリスマスだったら運命的に感じられるかも。せっかくのクリスマスなんですから、男性との交流をはかるのもアリでしょう。ただしその場限りのセフレになってしまう可能性もあるので注意しましょう!

■4.身体を休める

「次の日から普通に仕事ですしね。私は家でゆっくり身体を休めようと思っています。」(26歳/経理)

たしかに次の日からは仕事や学校が待っていますもんね…。「クリスマスにはしゃぎすぎて翌日グッタリ…」なんていう事態は避けたいもの。「クリぼっちは寂しい」なんて思わずに、リラックスする1日にしてみましょう。

■5.自分にクリプレ

「前もってクリスマスコフレを買っておいて、25日に開封するのが毎年恒例です。自分だけの『プチ贅沢』って感じですかね。」(27歳/営業事務)

クリスマスが終わったら、年末まであっという間。1年間頑張った自分へのごほうびに、クリスマスプレゼントを買っても良さそう。いつもより心が満たされて、幸せな気持ちになれそうです。

■おわりに

クリスマスに彼氏がいなかったとしても、楽しむ方法はいくらでもあるはずです。シングルクリスマスを思いっきり満喫することで、「また明日から頑張ろう!」という活力がわいてくるはずですよ。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)