ムーミン屋敷がある!!(「ムーミンバレーパーク」のイメージ)
 - (C)Moomin CharactersTM

写真拡大

 埼玉県飯能市にある宮沢湖を中心としたエリアに開業予定の、北欧をテーマにした施設「メッツァ」が、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」(2018年秋開業予定)と、ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」(2019年春グランドオープン予定)の2つのゾーンから構成されることが、フィンテック グローバル株式会社と株式会社ムーミン物語より発表された。

 「メッツァ」は、北欧時間が流れる森と湖での体験を通じて、こころの豊かさの本質に気づき、日常生活へと持ち帰ることができる場所を目指した施設。この度、2つのゾーンから成ることが発表され、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」が一足先にオープンされる。入場は無料で、日常的に人々が利用できる自然豊かな公園機能や、自然を身近に感じられる施設やアクティビティを展開し、新鮮な地元野菜や工芸品などを販売するマーケットや、サウナを併設した宿泊施設、グランピング施設を計画している。

 一方、世界各国で親しまれている人気キャラクター、ムーミンをテーマにした「ムーミンバレーパーク」は、2019年春にオープン予定。パーク内にはムーミン一家が暮らすムーミン屋敷をはじめ、そのほかにも物語に登場する灯台や水浴び小屋が立ち並び、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクションや、ムーミンの物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じることができる施設などが建設される。そして、オリジナル商品を展開する大型のギフトショップやレストランなども計画しているとのことで、ムーミンファンにはたまらない施設となりそうだ。なお、「ムーミンバレーパーク」は有料施設となり、入場料などは現在検討中とのこと。(編集部・石神恵美子)