台南市、65億円投じ野球場建設へ  来年初めに工事開始/台湾

写真拡大

(台南 7日 中央社)台南市政府は6日、市内に新設するアジア太平洋国際野球訓練センターの建設を来年初めに開始すると発表した。18億台湾元(約64億6000万円)を投じる。

計画では、台湾歴史博物館に隣接した16ヘクタールの敷地に、2万5000人を収容可能なメーン球場やサブ球場、練習場などを建設予定。市は台南を東洋のウィリアムズポート(米ペンシルベニア州、リトルリーグ発祥の地)にしたいとしており、同センターではワールドカップも開催可能だと自信を見せた。

工事は2段階に分けて実施される予定で、第1段階が来年初めに、第2段階が同年後半に始まる見通し。

(張栄祥/編集:杉野浩司)