「食べてよし塗ってよし」の万能オイル。美容と健康のどちらにも使えるオイルが、次から次へと話題にのぼりますよね。そんなオイルの一つとしてご紹介したいのがアルガンオイルです。モロッコで伝統的に利用されてきたアルガンオイルは、健康・美容オイルとして世界で注目を集めています。

アルガンオイルとは?

アルガンオイルとは、アルガンノキの種子から採れるオイルです。原産地がモロッコであるアルガンノキは、今もモロッコの西南部とアルジェリアの西部だけに生息する丈の低い木です。
アルガンノキに成る果実の中には、ひとつの硬い実が入っており、その実の中にある種からアルガンオイルを取り出します。オイルを採取するのには手間がかかり、しかも種200個から採れるオイルはわずか50mlと希少なオイルです。

アルガンオイルの嬉しい効果

アルガンオイルの特徴はビタミンEと抗酸化物質を豊富に含むことです。若返りのビタミンとされるビタミンEは、体内の脂質が酸化するのを防ぎ老化を遅らせる効果があります。他にも含まれるオメガ9にも抗酸化作用があり、オメガ6には代謝を活性化する働きがあるんです。

アルガンオイルの高い抗酸化力は食用だけでなく、美容オイルとしても効果を発揮します。水分と脂質のバランスを調整し乾燥から肌を守り、また肌から活性酵素を取り除いて、新陳代謝をあげるので、肌のターンオーバーを正常化します。アルガンオイルはアンチエイジングにぴったりなオイルと言えるでしょう。アルガンオイルは肌だけでなく、髪に利用してもOK。洗髪前に頭皮マッサージや髪のパックをしたり、洗髪後にタオルドライをした髪につければ、髪に栄養を与えしっとりとさせてくれますよ。

アルガンオイルは生で味わって!

食用、または美容液としても使えるアルガンオイルですが、この二つは製法に違いがあります。食用アルガンオイルの場合、アルガンノキの種子をローストするのですが、美容アルガンオイルの場合は、種子をローストしません。そのため美容液は食用に比べて色がクリアで自然な香りがします。

アルガンオイルを食用として利用する場合は、加熱せずに使うのがおすすめです。生でいただくことでデリケートな味や香りを楽しめ、また豊富な成分をそのまま摂取できるからです。サラダにかけたりパンにつけて、魚や肉のソースとして利用すると良いでしょう。

簡単に手に入るようになったアルガンオイルですが、オリーブオイル同様に、きちんと見極めて購入しないと、品質に問題がある粗悪品を購入してしまうことがあります。アルガンオイルの恩恵を十分に得るためにも、信頼のできるものを購入するようにしましょう。


writer:Akina