「トイ・ストーリー」シリーズや「カーズ」シリーズ、「モンスターズ・インク」などを生み出してきたピクサー・アニメーション・スタジオの最新作「ココ(原題:Coco)」が2017年11月22日に公開されます。監督は「トイ・ストーリー3」のリー・アンクリッチで、作品公式やアンクリッチ監督のTwitterアカウントで情報が明かされています。

Disney•Pixar's Coco(@pixarcoco)さん | Twitter

https://twitter.com/pixarcoco

Pixar's Coco reveals cast, plot details

http://www.ew.com/article/2016/12/06/pixar-coco-cast-plot

主人公のミゲルとおばあちゃんを描いたコンセプトアート。



「音楽に呪われている」と考える家で育った音楽大好き少年のミゲルは、こっそりと歌手のエルネスト・デ・ラ・クルスに憧れていて、あるとき、偶然死者の国に足を踏み入れ、はるか昔に亡くなったはずの高祖母イメルダと出会う……というのが作品のあらすじ。

作品が制作されることは2015年8月に発表されています。



主人公のミゲルを演じるのは12歳の新人、アンソニー・ゴンザレス。



高祖母を演じるのはレニー・ビクター。



ミゲルが憧れる歌手のエルネスト・デ・ラ・クルス役はベンジャミン・ブラット。



ミゲルの旅の仲間・ヘクター役を担当するガエル・ガルシア・ベルナル。



「ココ」は全米では2017年11月22日公開予定。日本での公開は今のところ未定です。