映画『人類遺産』世界70ヶ所以上の“廃墟”を圧倒的な映像美で

写真拡大

映画『人類遺産』が2017年3月4日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

かつて人間の手によって作られ利用され、やがて人間の都合で放置され朽ちてゆく世界中の「廃墟」。本作では劇中に人物が登場しないという世界観の中で、撮影期間4年をかけて巡った、世界70ヶ所以上もの「廃墟」の数々が映し出される。

人々の健康を支えた病院や、高度成長期を支えたマンモス団地、壮大な建造物は朽ちて風が吹きすさび、子供たちの楽園だったテーマパークは、海の波に飲まれている。誰もいない風景に、まるでその場にいるかのような臨場感と不思議な生命力を感じさせられる。ポスタービジュアルでは、かつては木々が生い茂り人々が行き交っていた一本道を連想させる光景も切り取られており、美しい絵画のような独特な雰囲気を醸しだしている。

また、予告ではアメリカ・インディアナ州の荘厳なメソジスト教会から始まり、約30年前の大雨で湖底に水没し近年の干ばつに寄って奇跡的にその全貌を現したアルゼンチンのヴィラ・エペクエンの町並みや、アメリカ東海岸を襲ったハリケーンにより海へと崩落した巨大なローラーコースターなどが公開されている。まるで美しい絵画を連続的に見ているかのような映像美に圧倒され続ける約1時間半となりそうだ。

本作の監督を務めたニコラウス・ゲイハルターは、美しい映像の中にも痛烈な社会批判や、現代社会に警鐘を鳴らすメッセージが込められた作品を撮り続けてきた。一切のナレーション・音楽を排し「食糧」の生産現場を見せた『いのちの食べかた』、世界の「夜に活動する人々」に焦点を当てた『眠れぬ夜の仕事図鑑』などをこれまでに発表している。

【作品詳細】
映画『人類遺産』
公開時期:2017年3月4日(土)、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
製作・監督・撮影:ニコラウス・ゲイハルター
原題:『HOMO SAPIENS』
2016/オーストリア、ドイツ、スイス/94分/ビスタサイズ/DCP
(C)2016 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH


[写真付きで読む]映画『人類遺産』世界70ヶ所以上の“廃墟”を圧倒的な映像美で

外部サイト

  • 映画『ムーンライト』傷を負いながらも強く生きる黒人少年、その成長を描く人間ドラマ - 賞レースを席巻
  • 映画『光をくれた人』マイケル・ファスベンダー×アリシア・ヴィキャンデル、他人の子を育てる夫婦の愛と葛藤
  • 映画『オーシャンズ8(原題)』アン・ハサウェイやリアーナ出演、全員女性の犯罪ドリームチーム